看護における面接について

看護における面接には2種類の面接があります。
一つは看護学校の入学試験における面接、もう一つは医療施設の採用試験における面接です。

看護学校における入学試験で面接試験の占める割合は近年益々増加の一途を辿っております。面接を実施する意図として、看護の仕事は基本的に対人関係の仕事が多い為、人としての人間性や意欲、情熱、やる気、協調性等といった筆記試験でははかり得ない性格を見る為にどうしても必要不可欠な要素なのです。面接形式には、個人面接の他集団面接や集団討議等といったやり方もあります。また、よく質問される内容としては、志望理由、最近の気になったニュース、自己PR、長所・短所、他の併願校等が挙げられます。面接で求められることは、無難にあたりさわりなく良くもなく悪くもなくといったことではなく、前向きな姿勢で自己をアピールすることが必要となってきます。

二つ目の医療施設の採用試験における面接ですが、まず頭に入れておかなくてはならないことは採用する側がどのような人材を求めているのかということをはっきりと把握しておくことです。採用する方にとってみればただ単に人手不足の為に人材を補充しようと考えているのではないのです。新たな人材を使って医療施設をより快適な環境にすること、満足のいくサービスを提供できること等を実現する為なのです。その為の採用なのだということを踏まえて、面接に臨まなければいけません。そうすれば結果は見えてくるはずです。