医師の分布に問題あり

これだけ医療が発展している現代でも、問題点がたくさんあります。中でも医師の不足、偏在は深刻な問題となっています。特に医師の不足が問題となっているのは地方部です。2004年に改定された研修医制度で、それまで研修医は自分で研修先を選ぶことは出来ませんでしたが自分で選ぶことが出来るようになりました。その結果都市部を研修先として選ぶ研修医が増えて、地方部は研修医不足、ひいては医師不足を招くことになりました。

地方部といっても特に東北地方では医師の不足が目立ちます。元々日本の病院の分布や医学部のある大学の数を見ると西高東低といった具合。東北地方には医学部のある大学も少なく、特に国立大学が少ないのです。地方部で働く医師を求める場合、その地元出身だという人でないと地方部にとどまることはあまりないと思います。地方部出身の学生が東京など首都圏に進学してそのまま医師になれば、地元に戻るという人もいますが都市部に残る、という選択をする人もいます。ですので、地方部の医師不足は地元出身の医師をどれだけ生み出せるか、というのがひとつ鍵になると思います。

では、九州地方では医師はたくさんいるのかというと細かい地域で見ても偏在はあり、福岡市はたくさんいるのにそこから離れた場所には医師が足りていない、同じ九州地方でも足りないところがある、というようになっています。すべての発端は研修医制度だという声もありますが、この制度は研修医と病院のマッチング制度でもあるので制度自体の満足度は高いのです。その弊害として偏在が出てきたので、必ずしも悪いことだけではありません。