研修医制度は正しかったのか?

医療の問題点というのは様々ありますが、その中でも医師の不足、偏在というのは深刻な問題です。
少子化により医師を目指す母体自体が減っていることももちろんあるのですが、何より研修医制度が新しくなったことで研修医が自分の研修先の病院を自由に選べるようになったことが医師不足問題に大きく影響しています。研修医が選んだ病院が、その研修医の受け入れを許可するこのマッチング制度ですが、研修医と病院の満足度は高いです。お互いに納得して同意した上でのことなのでトラブルも少なく研修を終えてそのままそこで医師として働くことになるので、病院としても医師不足のこの時代に医師を確保出来るし医師も研修医として働いた場所で働けるのは慣れ親しんだ場所であることも含めメリットはがあります。

この制度は医師と病院の信頼関係を築くには有効なものです。しかし、一方でその弊害として医師不足、偏在が顕著になってしまいました。もちろん医師不足の問題はこの研修医制度が新しくなる前からありましたし、改定される前は研修医は生活もままならないような低い給料で寝る間もないほど働かされていたという事実もあります。ですので改定はしかるべき処置だったと思います。ただ、研修医が自分の研修先として選ぶ病院に偏りが出てしまい、結果地方部、過疎地域の病院に人手が足りなくなってしまっているのもまた事実です。

今までは自分ではなく強制的に決められた場所で研修をしていたのである意味では平等に医師は分布されていました。しかしそうではなくなった現在、医師の偏在という問題を解決することは早急にしなければならないことです。